安保文書目録・年代一覧−北武蔵の武士団

安保文書は武蔵七党の安保氏(丹党)の家伝文書で中世の武蔵国安保郷を中心と武蔵武士の歴史も見えてきます。安保文書の伝来と所蔵の経緯については、2巻に分割されていて、現在のところ、埼玉県所蔵の1巻と横浜市大所蔵の1巻を合わせて総称するものです。埼玉県所蔵の安保文書は松本市に住む、安保政衛氏の旧蔵であったが、その後は各地を転々として、昭和58年(1983)に埼玉県の所蔵になっています。(新井浩文氏「安保文書」伝来に関する覚書より) 横浜市大所蔵の安保文書の旧蔵は大正時代には、大坪正義氏で、その後、堀口蘇山氏から何人もの手を経て、横浜市大の所蔵となる。(福田以久生氏「横浜市立大学の古文書について」より)
まだ、年号不詳の文書や、別系統の川口家所蔵文書もあるが、2系統の安保文書目録の一覧とします。

 安保文書目録・年代一覧      
 No 所蔵別  年号  西暦  文書名  差出人  宛書 
 1 埼玉県 文保2.12.2  1318 関東下知状  北条高時  安保次郎行員 
 2 横浜市大   元弘3.12.29  1333 袖判下文  足利尊氏  安保新兵衛尉(光泰)
 3 埼玉県  建武2.6.3   1335 添状 高師直  安保肥前権守(直実) 
 4 埼玉県  建武3.12.11   1336 下文  足利直義  安保丹後権守(光泰) 
 5 横浜市大   建武3.12.17   1336 奉書  高重茂  安保中務丞(泰規) 
 6 埼玉県  建武4.4.12   1337 奉書  高重茂  安保丹後入道(光泰) 
 7 埼玉県  暦応2.6.11   1339 奉書  高師冬  安保丹後入道(光泰) 
 8 埼玉県  暦応3.正.24   1340 光泰譲状  光阿(光泰)  安保泰規・直実・光経 
 9 横浜市大   暦応3.8.22   1340 光泰譲状  沙弥光阿(光泰)  安保泰規他 
 10 埼玉県  観応元.8.9   1350 宛行状  高氏直  薬師寺次郎左衛門尉 
 11 (旧堀口)  正平7.正.6   1352 袖判下文  足利尊氏  安保五郎左衛門尉(泰規)  
 12 横浜市大   正平7.2.16   1352 袖判下文  足利尊氏  安保信濃守(泰規) 
 13 埼玉県  康安元.11.26   1361 軍勢催促状  足利基氏  安保五郎左衛門尉(泰規)  
 14 横浜市大   康安2.9.15   1362 軍勢催促状  高氏直  安保五郎左衛門尉(泰規)  
 15 埼玉県  貞治2.12.22   1363 御判御教書  足利基氏  安保五郎左衛門尉(泰規)  
 16 埼玉県  永徳元.11.22   1381 御判御教書  足利氏満  安保左衛門尉(憲光) 
 17 横浜市大   永徳2.4.4   1382 御判御教書  足利氏満  勅使河原中務入道 
 18 横浜市大   永徳2.11.2   1382 御判御教書  足利氏満  青木山城入道 
 19 横浜市大   永徳2.12.25   1382 所領宛行状  足利氏満  安保左衛門尉(憲光) 
 20 横浜市大   応永2.10.17   1395 所領宛行状  足利氏満  安保印旛入道(憲光) 
 21 横浜市大   応永2.11.28   1395 連署打渡状  藤原宋秀
左京亮盛清
 
(安保憲光への打渡報告) 
 22 横浜市大   応永16.7.2   1409 口宜案  後小松天皇  丹治宗繁(安保) 
 23 横浜市大   応永16.7.2   1409 口宜状  足利義持  丹治宗繁(安保) 
 24 横浜市大   応永24.3.10   1417 施行状  上杉憲基  佐竹義憲 
 25 横浜市大   応永24.3.23   1417 鎌倉府奉行人
連署奉書
 
藤原兵衛助  小貫対馬入道・人見雅楽助 
 26 横浜市大   応永24・閏5.12   1417 感状  足利持氏  安保信濃守(宗繁) 
 27 横浜市大   応永25.3.26   1418 御教書  足利持氏  横瀬美作守 
 28 横浜市大   応永29.11.26   1422 御教書  足利持氏  安保四郎(上杉憲実) 
 29 横浜市大   応永30.8.19   1423 感状  足利持氏  安保信濃守(宗繁) 
 30 埼玉県  欠   .8.28    感状  足利義持  安保信濃守(宗繁) 
 31 横浜市大   永享10.8.28   1438 綸旨写  御花園天皇  三条少将 
  32 埼玉県  永享12.2.17   1440 奉書  細川持之  安保信濃入道(宗繁) 
 33 埼玉県  永享12.12.1   1440 書状  上杉憲実  安保信乃入道(宗繁) 
 34 埼玉県  永享12.12.3   1440 書状  上杉憲実  安保信濃入道(宗繁) 
 35 埼玉県  永享12.12.6   1440 書状  上杉憲実  安保信濃入道(宗繁) 
 36 埼玉県  永享12.12.26   1440 書状  上杉憲実  安保常陸権守(憲祐) 
 37 埼玉県  永享13.正.25   1441 書状  長尾景仲  安保信濃入道(宗繁) 
 38 埼玉県  嘉吉元.7.9   1441 書状  上杉清方  安保信濃入道(宗繁) 
 39 横浜市大   享徳27.4.7   1478 安堵状  足利成氏  安保中務少輔(氏泰) 
 40 埼玉県  文明11.正.8   1479 感状  足利成氏  安保中務少輔(氏泰) 
 41 埼玉県  欠  .正.13    感状  足利成氏  安保中務少輔(氏泰) 
 42 埼玉県  欠  .3.23    安堵状  足利成氏  安保中務丞(氏泰) 
 43 埼玉県  欠  .4.19    安堵状  足利成氏  安保中務少輔(泰広) 
 44 埼玉県  欠  .5.26    安堵状  足利成氏  安保中務少輔(泰広) 
 45 埼玉県  欠  .5.26    安堵状  足利成氏  安保中務少輔(泰広) 
 46 埼玉県  永正9.7.2   1512 感状  足利高基  安保丹四郎(泰忠) 
 47 埼玉県  欠  .12.15    書状  上杉憲房  安保丹四郎(泰忠) 
 48 埼玉県  欠  .2.23    感状  足利高基  安保丹四郎(泰忠) 
 49 埼玉県  欠  .5.16    書状  足利高基  安保丹四郎(泰忠) 
 50 横浜市大   欠  .5.16    書状(副状)  簗田高助  長尾但馬守(景長) 
 51 埼玉県  欠  .6.晦日    書状  足利高基  安保丹四郎(泰忠) 
52 埼玉県  欠  .7.20    書状  足利高基  安保龍若丸(長泰) 
 53 埼玉県  欠  .10.29    書状  足利高基  安保次郎(晴泰) 
 54 埼玉県  欠  .霜.晦日    書状  足利高基  安保弾正忠(泰通) 
 55 埼玉県  天文12.7.23   1543 置文  安保全隆  安保又三郎(泰忠) 
 56 埼玉県  欠  .正.20    判物  足利晴氏  安保中務少輔(晴泰) 
 57 埼玉県  天文15.4.10   1546 感状  足利晴氏  安保中務大輔(晴泰) 
 58 埼玉県  永禄6.5.10   1563 連署書状  北条氏康
北条氏政
 
安保中務大輔(晴泰)
安保左衛門尉 
 59 埼玉県  永禄12.7.朔   1569 書状  北条氏康  安保左衛門尉 
 ☆ 表中、所蔵別の「埼玉県」は埼玉県立文書館所蔵安保文書、「横浜市大」は横浜市立大学図書館所蔵安保文書、
   「旧堀口」は堀口蘇山旧蔵文書   参考資料、「新編埼玉県史」資料編5、資料編6、「安保文書」北畠顕家卿奉賛会
       

              

安保氏館跡−神川町

安保氏館跡−神川町

御嶽城本郭跡

御嶽城本郭跡

   武蔵国賀美郡安保郷(神川町元阿保)           安保氏の山城、金鑚御嶽城(みたけじょう)

児玉の四季

                                                                                                         
inserted by FC2 system