金鑚大師・金鑚神社−初詣

金鑚(かなさな)大師と金鑚(かなさな)神社の初詣は、本庄児玉地方では随一です。毎年正月の三が日で、特に3日の日は金鑚神社の厄除け祈願や金鑚元山大師(大光普照寺)の厄除け祈願と境内で、だるま市が開かれ縁起物の、「だるま」を買い求める参拝客などでにぎわいます。

金鑚大師 初詣

金鑚大師初詣 山門

金鑚神社初詣 拝殿前

金鑚神社初詣 拝殿前

     金鑚大師の1月3日がにぎわうのは金鑚大師の命日に由来して元山大師ともいわれているそうです。

金鑚大師 本堂正面より

金鑚大師 正面参道より

金鑚神社 神楽殿

金鑚神社 神楽殿

      金鑚神社は金鑚大師の奥にあるが正月の初詣は参拝客が多く祈願する人々が絶えない。

金鑚大師 境内のだるま市

金鑚大師 境内だるま市

金鑚神社 多宝塔

金鑚神社 多宝塔

      金鑚神社には国の重要文化財の金鑚神社多宝塔がある(安保氏ゆかりの多宝塔)      

児玉の四季

                                                                                                          
inserted by FC2 system