武蔵八幡山城−雉岡城周辺・中世北武蔵の年表

武蔵国の雉岡城は北武蔵(北西部)で武蔵八幡山城とも呼ばれた。中世の室町時代後期から安土桃山時代までの、戦国時代に雉岡城が築城され、御嶽城、本庄城も築城された。勢力の拡大のため、戦場も五十子の戦い、生野山合戦、神流川合戦など有り、安保氏、上杉氏、北条氏や武田信玄、上杉謙信までもが登場する。その度に城の落城もあり、城主も変わる中で、農民を気遣う、前田利家の久米氏宛文書があった。徳川家康の関東入りで城主の決まった八幡山城も本庄城も数十年で廃城となり、城跡となった。

武蔵八幡山城−雉岡城周辺年表(中世)
西暦  年号  主な出来事 
1455 享徳27年  安保氏泰が塩谷郷の塩谷源四郎跡を領有する 
1460〜1466  寛政年間  雉岡城築城 夏目実基(上杉顕定の家臣) 
1467  応仁元年 雉岡城主に夏目定基がなる 
1477 文明9年  五十子の戦い(長尾景春×上杉顕定 )
1480  文明12年  御嶽城築城 (安保氏)
1491  延徳3年  夏目定基が児玉八幡神社に社領を寄進 
1492  明応元年  夏目定基没 二代目城主に夏目定盛 
1534  天文3年  安保全隆(泰広)多宝塔を金鑚神社に寄進 
1546  天文15年  河越夜戦で北条氏康が上杉・足利連合に勝利 
1552  天文21年  北条氏康が御嶽城を攻め落とす 
1556  弘治2年  本庄城築城 本庄実忠 
1561  永禄4年  生野山合戦 越後上杉戦で上杉謙信に北条氏康が勝利 
1567  永禄10年  雉岡城は北条氏により落城 
1569  永禄12年  武田信玄が御嶽城を乗っ取る 
1570  永禄13年  長井正実が御嶽城に入る(武田の家臣) 
1574  天正2年  上杉謙信 本庄に陣を取る 
1582  天正10年  神流川合戦 滝川一益×北条氏邦・氏直で北条氏の勝利 
1590  天正18年  雉岡城落城 上杉景勝が生野山に陣 前田利家が久米氏に文書 
1590  天正18年  鉢形城も開城 八幡山城主(雉岡城主)に松平清宗(1万石) 
1590  天正18年  本庄城落城 武蔵本庄城主に小笠原信嶺(1万石) 
1591  天正19年  那賀郡小平村の成身院に徳川家より寺領10石の御朱印発給 
1601  慶長6年  八幡山城廃城 松平家清は3万石で三河国吉田に転封 
1602  慶長7年  八幡山・児玉は旗本戸田重元の知行で陣屋を置く 
1612  慶長17年  本庄城廃城 小笠原信之は古河城に転封 

    参考資料 「新編武蔵風土記稿」「新編埼玉県史 中世2」「児玉町史 中世資料編」)       

武蔵八幡山城−雉岡城跡

武蔵八幡山城−雉岡城跡

御嶽城本郭跡

御嶽城本郭跡

       雉岡城(1466〜1601)         金鑚 御嶽城(みたけじょう)(1480〜1590)

本庄城跡

本庄城跡

神流川合戦跡記念碑

神流川合戦跡記念碑

       本庄城(1556〜1612)             神流川合戦記念碑は新町宿側

児玉の四季

                                                                                                         
inserted by FC2 system