久米良作-郷土の偉人・本庄市 

久米良作は日本鉄道会社の副社長から、東京瓦斯の社長にもなった実業家。
久米良作は明治元年(1868)に武州児玉郡児玉で久米六右衛門信充の長男として生まれる。久米家の祖は児玉党の児玉時国とされてる。久米良作は明治24年(1891)、東京法学院を卒業して、父親の業を助けながら会社を起こす。
明治30年(1897)に、日本鉄道会社取締役、翌年、明治31年(1898)に、理事委員となり、東北本線、高崎線などの鉄道路線の拡張に尽くし、明治39年(1906)に副社長となって、国有鉄道への移管手続きにあたる。日本鉄道会社の解散後の、同年には東京瓦斯の取締役会で取締役会長・渋沢栄一、常務取締役・久米良作と選任されている。久米良作は大正3年(1914)〜大正8年(1919)に東京瓦斯の取締役社長に就任している。その傍ら、朝鮮瓦斯、日本製粉、北海道瓦斯、国際信託、三河鉄道、帝国火薬工業などの、社長・取締役・監査役など兼ねていた。昭和9年(1934)に67才で没した。
 (参考資料・財界の実力、財界の人-百人論、児玉党他)

久米良作

*本庄市児玉町には久米家に関連する事例が数多く有ります。雉岡城とつながる久米大善の文書・児玉八幡神社の再建をした久米六右衛門信政・玉蓮寺と久米家など、鎌倉時代・江戸時代からの久米一族の歴史が少し、わかります。右の写真は久米家のルーツとなる、玉蓮寺です。


        

児玉の四季

inserted by FC2 system