本庄市の明治時代(養蚕・糸繭市場で発展した本庄地域と児玉地域)

本庄市は江戸時代が終わってからも明治前期は本庄宿でした。明治5年(1872)に諸井泉衛が郵便取扱所の開設、児玉町にも郵便取扱所が開設。明治7年(1874)には富岡製糸場から諸井泉右衛門らに生繭の買い入れ依頼がある。明治16年(1883)に高崎線本庄駅が開設。同年には旧本庄警察署が建設された。明治19年(1886)には本庄郵便電信局長に諸井恒平がなる。明治22年(1889)に町制施行により、本庄宿から本庄町に変更する。児玉地域でも八幡山町と児玉町が合併して児玉町となる。明治27年(1894)には木村九蔵が児玉伝授所内に競進社模範蚕室を建設した。明治29年(1896)に本庄商業銀行の本庄煉瓦倉庫が建設される。養蚕市場の拡大で多くの製糸工場と糸繭商が増えて大正時代から昭和時代まで続いた。 (参考資料 児玉記考他)

 

本庄町 明治20年頃

本庄町-明治20年頃


本庄地域−明治時代

本庄市は明治初年からも本庄宿でしたが明治22年(1889)に全国的な町制施行で本庄町(児玉郡本庄町)になりました。左図には明治16年(1883)に開通した高崎線や中山道がみえます。
旧本庄警察署は現在では本庄市立歴史民族資料館として保存されています。
旧本庄商業銀行煉瓦倉庫は最近まで民間企業が所有していましたが、現在は本庄市の管理で国登録有形文化財として保存されています。本庄商業銀行は西隣に有りましたが現存しません。
明治の後半、繭集散地の本庄町に大星館製糸場や本庄館製糸場など製糸工場が操業を始めました。
(参考資料 本庄市史 他)

         本庄町(現本庄市)の初代町長には幕末期の名主の諸井五左衛門興久(南諸井家)が就任している。



児玉地域−明治時代

八幡山町と児玉町が右図にもありますが本庄地域と同じ明治22年(1889)に全国的な町制施行で児玉町になりました。
木村九蔵が建てた競進社模範蚕室は現在は埼玉県指定文化財として保存されています。
養蚕が盛んになり、競進社に参加者が増えると木村九蔵は児玉伝授所に本社も移す。自宅は競進社第一分教場となった。新宿(神川町)には第二、第三分教場も有りました。児玉町にも蚕玉館(浅見平三郎)という第四分教場が有りました。さらに、県外からの要望が強く、伝授所支部や分教場が設置されていきました。
(参考資料 春夏秋蚕「一代雑種飼育要訣」 他)

江戸時代末期の児玉町

江戸後期の児玉 「新編武蔵風土記稿」より

         本庄商業銀行は明治27年(1894)に設立され、頭取には諸井孝次郎(北諸井家)が就く。

旧本庄警察署

旧本庄警察署(本庄市立歴史民俗資料館)

旧本庄商業銀行煉瓦倉庫

旧本庄商業銀行煉瓦倉庫

         競進社模範蚕室(木村九蔵)は本庄市児玉町の八高線児玉駅のすぐ近くにあります。

久米六右衛門家蚕室

久米六右衛門家蚕室 「宮内庁書陵部所蔵」

競進社模範蚕室

競進社模範蚕室 

         明治時代に児玉郡児玉町(本庄市)の久米家蚕室は長い高窓の大型蚕室でしたが現存しません。

児玉の四季

                                                                                                         
inserted by FC2 system