飯倉御厨跡 本庄市 中世郷土の旧跡

中世1184年に源頼朝が寄進したと言われている、飯倉御厨跡が本庄市児玉町にあります。
埼玉県の指定文化財になっていて、伊勢神宮への寄進が「吾妻鏡」に寿永3年5月3日と記されているそうです。
現在の埼玉県本庄市児玉町飯倉841の飯倉日向山に郷土の旧跡として残されています。

 

飯倉御厨跡 本庄市 飯倉日向山

飯倉御厨跡 本庄市






飯倉御厨跡 源頼朝が寿永3年(1184年)に武蔵国飯倉御厨と安房国東条御厨を、伊勢神宮に寄進したことが「吾妻鏡」に記されているそうです。
伊勢神宮の「神鳳抄」にも記されています。
又、「神鳳抄」は塙保己一の「群書類従」には第一巻に
収録されているそうです。






        飯倉御厨跡のすぐ上には金屋第2配水場があり、旧跡の入り口付近までは道路が舗装されている。






飯倉御厨跡の現在の所有管理は飯倉 住吉神社の氏子総代が世話をしているそうです。御厨跡碑も昔からの古いものではなく、平成13年に燈籠や囲いも新しくしたようです。この飯倉御厨跡を見る限りでは、時代の流れを読み取ることはできません。






     

飯倉御厨 住吉神社世話人の碑

飯倉御厨跡 世話人の碑

        児玉駅からは車で約10分程度です。国道462号飯倉入口を左へ入るとまもなくです。

飯倉日向山 山道から

飯倉日向山への途中

飯倉 金屋第2配水場

           本庄児玉ICから車で約15分 本庄駅からは車で約25分程度です。
      

Home

                                                                                                         
inserted by FC2 system