姫塚(ひめづか)

神川村 植竹

植竹(うえたけ)を西から東に流れる九郷用水(くごうようすい)にそって、村はずれまでくると、大きな(つか)がポツンとあります。この塚には、おさなくして世を去ったお姫さまにまつわる話が伝えられています。今からおよそ五百年ほどの昔、児玉(こだま)村に近い八幡山町に、りっぱなお城ができあがり、夏目豊後守定基(なつめぶんごのかみさだもと)という山内上杉氏(やまのうちうえすぎし)家来(けらい)が住んでいました。

しかし、永禄(えいろく)年間(約四百年前)になると、一族(いちぞく)小田原(おだわら)北条氏(ほうじょうし)()めたてられるようになり、上野(こうずけ)(群馬)に引きあげようとしていました。けれども、あいにくと病弱な、おさないお姫さまがおりましたので、一族はそのことが気がかりでなりませんでした。

そうこうしているうちに、(てき)の大軍が近づいてきます。一族はしかたなく、ある暗い(ばん)に、おさない姫をつれて(しろ)をぬけ出し、藤岡(ふじおか)の方へと落ちていきました。暗い夜道を、人目をさけながら進んでいきましたが、ある川のほとりの林まで来たところで、おさない姫はついに(いき)を引きとってしまいました。

一族は悲しみながらも近くにあった小高い古塚に姫を(ほうむ)ることにしました。住みなれた八幡山町がながめられるように、塚の東南にあたる場所に葬り、墓をつくると、一族は上野(こうずけ)を目ざして、落ちて行ったそうです。はかなくこの世を去った姫を(いた)む(死んだ人をおしみあわれむ)かのように、村人たちはこの古塚を姫塚とよんでいます。

(神川村広報「かみかわ」より)

本庄児玉の民話

inserted by FC2 system