あいぜん様

神川町元阿保

元阿保(もとあぼ)も四軒に近い畑の中に、ポツンと(えのき)の大木が(しげ)っていて、その大木の根もとに古い小さなほこらがあります。

これを付近(ふきん)の人は、あいぞめ、あいぜん様と呼んで古くから六三除(ろくさんよ)けに霊験(れいけん)があるとして、正月二十六日と九月二十六日(現在十月二十六日)にお祭りして、広く四方から多くの人々を集めていました。

人々は愛染(あいぜん)大明神、愛染宮、愛染明王などと書いた旗を何本も立てて願をかけ、成就(じょうじゅ)した時には竹の筒に、お酒を入れて、張り回されたしめ縄に吊るしていったそうです。この旗の中には文政から天保(1818~1843)といった時代のものも、現在残されています。

この地域は、古くから御料地とされ、これも管理する役人の館があって、持仏(俗家で念持する仏像)として愛染明王が安置されて代々信仰されてきました。

しかし、館は移され、お堂は領民に愛染様と呼ばれ信仰されるようになってのこったために、いつの頃からか、この付近の一帯を愛染と呼ぶようになりました。そして、今も小字名として残り、信仰の歴史を伝えています。

(神川町 神川の民話より)

本庄児玉の民話

inserted by FC2 system