伝兵衛(でんべえ)がし

美里町 広木

児玉郡の南の(はし)の方に、この辺としてはかなり高い山として、陣見(じんみ)山があります。その陣見山の北東側の山麓(さんろく)に近いところに、十二天祠(じゅうにてんし)があります。

この十二天祠への秋山(あきやま)口からの登山道を登っていくと、やがて鳥居(とりい)があり、その鳥居をくぐりぬけてから、数十歩も進んでいくと、左側に樹齢(じゅれい)何百年かと思われるカシの大木(たいぼく)があります。この話は、そのカシの木にまつわる話です。

むかし、榛沢(はんざわ)村(今の岡部町榛沢)に、伝兵衛(でんべえ)という若者がいました。伝兵衛は、「力の強い人になりたい。」と思い、十二天祠に二十一日間の(うし)(こく)(今の午前二時)参りの(がん)をかけることにしました。夜の夜中に、さらし一反の端をはち巻きにし、家をでて、さらしを長くなびかせながら走り続け、十二天祠までかけ登るのです。

そして、それを二十一日間、どんなことがあっても、やり通そうというのです。真夜中に、白いさらしをひらひらさせながら走っている姿は、まるで、人間が空を飛んでいるように見えました。

やがて、満願(まんがん)の日がきました。伝兵衛は、井戸の水で体をきよめ、いつものように仕度(したく)(ととの)え、家を出ました。野をこえ、丘をこえ、小川をわたり、山道をかけ登りました。そして、十二天祠に着きました。伝兵衛の顔には、(がん)を果たした喜びと自信があふれていました。

伝兵衛は(ほこら)の前に立って、うやうやしく礼拝(れいはい)をすませ、山を下りはじめました。そして、カシの大木のところまで下りてくると、さらしのはち巻きをといて、カシの木にぐるぐる巻きつけました。伝兵衛は、(うれ)しさを(おさ)えながら、意気揚々と家にもどりました。

その後、伝兵衛は、家の仕事にも(せい)を出しながら体をきたえ、力の強い、そして、思いやりのある立派(りっぱ)な若者になり、やがて、気立(きだ)てのやさしい、働き者のお(よめ)さんをもらって、しあわせに暮らしたということです。こんなことがあってから、だれ言うとなく、このカシの木を、「伝兵衛がし」(一)と呼ぶようになったということです。

※ (一)は十二天の参道にある、「寺戸の(かし)」で、美里町指定文化財になっている。

(美里町広報「みさと」より)

本庄児玉の民話

inserted by FC2 system