小笠原信嶺−本庄城・周辺大名(知行割)・徳川家康−関東入部

天正18年(1590)7月、徳川家康は豊臣秀吉から関東移封(6国)を命じられ、翌8月、三河の国から 江戸城に入る。榊原康政(総奉行)に家臣団配置と、知行割を行わせる。小笠原信嶺、2人の菅沼氏、 徳川氏直系の松平氏を、武蔵国、上野国など近くに配置した。

 
関東入部当時 本庄城周辺大名(知行割) 天正18年
国・藩   城名  大名  年代・石高
 武蔵本庄   本庄城   小笠原信嶺   1590〜1598 1万石  
 武蔵八幡山   雉岡城   松平家清  1590〜1600 1万石
 武蔵阿保  鍛冶屋敷  菅沼新八郎定盈  1590〜1601 1万石
 武蔵深谷  深谷城  松平源七郎康直  1590〜1593 1万石 
 上野藤岡  芦田城  依田康勝  1590〜1600 3万石
 上野吉井  陣屋  菅沼定利  1590〜1602 2万石
 上野那波  那波城  松平家乗  1590〜1601 1万石

    参考資料 「新編武蔵風土記稿」「新編埼玉県史 中世2」「児玉町史」「伊勢崎市史」
       本庄市史」「神川町誌」「上里町史」「深谷市史」「上野志料集成」「藤岡市史」

小笠原信嶺(おがさわら のぶみね)
天文16年(1547)〜慶長3年(1598)信濃国松尾小笠原氏、本庄藩主、
譜代大名。官位名、掃部太夫。武田信玄、織田信長、徳川家康に仕える。
本庄城を築城(久城堀西)本庄宿に開善寺を開基、建立した。
墓所も開善寺にある。二代目は小笠原信之(養子)。

松平家清(まつだいら いえきよ)
永禄9年(1566)〜慶長15年(1611) 三河国竹谷松平氏6代目、
八幡山藩主、譜代大名。 別名、奥次郎、玄蕃頭、徳川家康に仕える。
家清は城外多く、藩政は清宗(父親)が行っていた。関ケ原の戦いで
功績を認められ、三河吉田に3万石で転封となる。
清宗は三河吉田で慶長5年に没する。

菅沼定盈(すがぬま さだみつ)
天文11年(1542)〜慶長9年(1604)三河国、野田菅沼氏3代目、
武蔵阿保藩主。別名、新八郎、織部正。今川義元、徳川家康に仕え、野田城では、武田信玄と戦う。阿保(安保)藩の元阿保(現神川町)の茂木賢家文書「文化十一年村鑑明細帳」詳細有。天正十八年吉祥院(三ケ年)より鍛冶屋敷(元安保村)と有り。次男、定仍が家督を継ぐ。定仍、伊勢長島へ転封(2万石)し、定盈は慶長9年没、墓所は新城市、泉龍院。

松平康直(まつだいら やすなお)
永禄12年(1569)〜文禄2年(1593) 三河国、長沢松平氏9代目、
武蔵深谷藩主。譜代大名。別名、源七郎 徳川家康の妹、矢田姫の子。
松平康直は三高院(本住町)を開基、建立した。康直は文禄2年に24才の若さで病没、墓所も三高院にある。

依田康勝(よだ やすかつ)
天正2年(1574)〜元和9年(1623) 信濃国、依田氏、藤岡藩主、芦田城(藤岡城)築城。別名、松平新六郎康真、右衛門大夫、依田信蕃次男。築城当初は浄法寺に仮住、完成途中の入城。慶長5年(1600)に小栗三助事件で改易。謹慎、浪人の後、結城秀康(家康次男)の家臣となり、加藤康寛と改名した。

菅沼定利(すがぬま さだとし)
生誕、不詳〜慶長7年(1602) 三河国、田峯菅沼氏 別名、小大善、
上野吉井藩主。徳川家康に仕える。天正12年(1584)から信濃国伊奈郡で
活躍する。吉井藩は城はなく、藩政は陣屋で行われた。
慶長2年(1597)に菅沼(奥平)忠政を養子にする。
慶長5年(1600)に玄太寺建立。慶長7年没、墓所も玄太寺にある。

松平家乗(まつだいら いえのり)
天正3年(1575)〜慶長19年(1614) 三河国、大給松平氏6代目、
上野那波藩主。譜代大名 別名、源次郎、和泉守。
那波城は伊勢崎市堀口町、名和幼稚園南側に「那波城址碑」だけが残る。
慶長6年(1601)、家乗は2万石で美濃岩村藩に転封となる。
 

              参考資料 「寛政重修諸家譜」           

児玉の四季

                                                                                                         
inserted by FC2 system